第12回


今回はイラストレーターである開田裕治さんに来ていただき、
怪獣についてなど語っていただきました。


開田先生は怪獣映画や特撮映画が幼少期から好きで、
美術大学在学時から怪獣映画中心に同人活動を開始され、
大学卒業後にプロのイラストレーターとして活動されます。

これまでにガンダムプラモデルのパッケージや、
ウルトラシリーズ、ゴジラ、ガメラなどの特撮作品の
映像ソフト、音楽ソフトパッケージ、ポスター原画など
多数作品を手掛けられ、
1997年に第28回星雲賞アート部門を受賞されています。

今回もイベント限定ウルトラマンと仮面ライダーの画集をお持ちいただき、
中身を少々紹介していただきました。
ぜひ展覧会でご購入ください。

怪獣を描くときに開田先生が心がけていることは、
実際に存在しない「怪獣」
その「怪獣」が襲って来るなどせず、
動かなくても驚いてしまうように描かれているそうです。

そして、イラストレーターを目指すには、
「自分から動く」
インターネットで自分の絵を公開して仕事を
もらえる可能性もあるかもしれない。
しかし、待っているだけではなく、
自分で動いて仕事を得たほうがいい。
また、相手の要望に応える絵が描けること。
など、アドバイスをいただきました。

最後に開田先生からお知らせです!
<幻獣神話展Ⅱ>
日程:8月6日(木)~8月16日(日)
会場:渋谷Bunkamura Gallery

<開田裕治画集 ガンダム編>
大日本絵画より7月下旬発売予定
詳細はモデルカステンのサイトをご確認ください。

new_DSCF0703.JPG
【和田昌之のジョブナビ】

就職相談を行っていた経験がある和田さんが
エンタメ業界に興味のある皆さんからの
就職・転職相談を受け付けます!

和田さんのようにアニメに関わるには
どうすればいいのかもちろん、
自己PRの方法など幅広く受け付けます!

メールは
wadax@joqr.net までお送りください!

あなたからのメールお待ちしています!

それでは次回もお楽しみに!

文化放送 超!A&G+『和田昌之と赤羽根健治のWADAX Radio』
「社長・和田昌之」×「声優・赤羽根健治」がバディを組み、異なる立場で 新時代のエンタメ業界を盛り上げる2人の初タッグ番組。
仕事や趣味を語ったり、リスナーと共に企画を練り上げたり!?
フリートークから生まれる偶然?必然?な化学反応をお送りします。

メール:wadax@joqr.net


見逃し視聴とYouTube限定コーナーはこちら!

WADAX CHANNEL:

https://youtube.com/channel/UCRlVB-bNDButQkzqTpN5RpQ

和田昌之(エクスアーツ代表)
赤羽根健治